アメリカンDAXとカオスな趣味BLOG

レストア・DIY・庭いじり・アウトドアで遊ぶ日々

我が家のライフジャケット

我が家のライフジャケットの紹介

そろそろ梅雨明けですね。

となると、いよいよこれらの出番です。

毎年この時期は、本格稼働を前に定期点検をしています。チェックがてら、紹介していきます。

 

 

f:id:americandax00chaos:20200730231826j:plain

 

左から、

  • 幼児用 3~6歳
  • 小学生用 7歳から
  • 嫁用 スノーケリングベスト
  • 自分用 モンベル

 

まずは幼児用から。

f:id:americandax00chaos:20200730231843j:plain

f:id:americandax00chaos:20200730231835j:plain

  • メーカー :コールマン
  • モデル  :STEARNS
  • サイズ  :CHILD (14~23kg)
  • 値段   :忘れました(量販店で¥2000~3000くらい?)
  • 使用年齢 :長男坊が3歳から6歳まで
  • コメント :初めてならこれで十分 枕があればなお良い

股のストラップは必須ですね、ライフジャケットのずり上がりを防いでくれます。

首後ろのハンドル?ストラップもあると、いざという時すぐつかんで引っ張りあげることができ安心です。

このモデルにはありませんが、枕があると仰向けに浮かんでも頭を支えてくれるのでさらに安心ですね。

長男坊が3歳から6歳までと、4年間使用。破れほつれもなく、まだまだ使用できそう。

今年2歳の次男坊に使用予定です。

 

子供(小学生)用

f:id:americandax00chaos:20200730231853j:plain

f:id:americandax00chaos:20200730231901j:plain



 

  • メーカー :モンベル
  • モデル  :フリーダム Kid's
  • サイズ  : 125-155
  • 値段   :¥5600+税
  • 使用年齢 :7歳〜現在(10歳)
  • コメント :浮力あり抜群の安心感。文句なし!

幼児用がサイズアウトした長男坊のために購入。

自分用に使っていたモンベル製品に大満足なため、同じモンベルのキッズ用を選択。さすがの浮力で安心して使用できます。

こちらは枕もあり、仰向けプカプカで楽しそうに遊んでいます。

股ストラップが2本あり、しっかりしているのもポイント。圧倒的な浮力の背反として、シュノーケリングなどで潜るのは辛そう。浮きながら水面下を眺めるのがメインなら何の問題もありません。

ジップストッパーがあるので、激しい動きでもジッパーが開かないようになっています。

f:id:americandax00chaos:20200730231910j:plain

 

嫁用

f:id:americandax00chaos:20200730231921j:plain

f:id:americandax00chaos:20200730231932j:plain

f:id:americandax00chaos:20200730232019j:plain

  • メーカー :リーフツアラー
  • モデル  :スノーケリングベスト スリム
  • サイズ  :M
  • 値段   :¥3000くらい(当時)
  • 使用年齢 :言えません
  • コメント :厚手すぎずスリムなので動きやすい。値段も安い。ストラップ調整で子供と兼用も可。

 

あまり使用頻度は高くないので、コスパ重視で選択。

商品名にもある通りライフジャケットではなく、スノーケリングベストなので、幾分スリムな作り。

これがまたちょうど良く、潜りやすい。

かといって浮力が足りないということはありません。

サイズMだと身長135~175cmなので、小学生の長男坊とも兼用でき、最近はもっぱらこちらがお気に入り。

スリムなので動きやすく、サーフィンなどアクティブに動く際も邪魔にならないようです。

股ベルトはないので、子供が使うときは注意が必要。

 

 

自分用

f:id:americandax00chaos:20200730231945j:plain

f:id:americandax00chaos:20200730231954j:plain

f:id:americandax00chaos:20200730232008j:plain

  • メーカー :モンベル
  • モデル  :フリーダム
  • サイズ  :フリーサイズ
  • 値段   :¥6800+税
  • 使用年齢 :おっさんです
  • コメント :浮力は申し分なし

 

モンベルのライフジャケットにおけるスタンダードモデルになります。

他の、カヤックやパドルスポーツに特化したモデルもありますが、お値段も高め。

自分はこれひとつでカヤックからSUP、シュノーケリングまで楽しんでいますが、不満はありません。

川で単純に浮いて流されているだけでも楽しく、保護具というより積極的に遊ぶギアとしてかれこれ7年愛用しています。

まだまだ頑張ってもらわないと!

 

ライフジャケットのメンテナンス 寿命

特別なことはしていません。

その日のうちに、真水シャワーで洗い流すくらいです。

外干しで、乾いたら室内保管。

これで、古いものでは7年使用していますがまだまだ現役です。

 

注意していること

ライフジャケットを正しく着用するのはもちろんですが、なんといっても子供から目を離さないこと!これに尽きます。

今年も油断せずに楽しく遊びたいと思います。

 

 

こちらも一種の水遊びですかね。

親子でサーフィン!の記事です。

ソフトボードが安全・安心ですよ。

 

americandax00chaos.hatenablog.com